しょうた(40)とお姉ちゃんの夏休み

……ありえない。あんな筈じゃなかった。
本日、自身は常々コンビニエンスストア弁当を食べ、周りも主人もいない糞寂しい生計をボロアパートで送っていらっしゃる。再び40歳になるのにな。道楽は風俗通い。薄禿でふくよか。最悪だろ?
それもこれも15クラス先、自身の愛しき者が結婚したからです。自身を残して。
どうしてだよ。なぜ彩夏お姉ちゃんは……畜生。やり直してぇ……。
こんな自身の悲痛な期待は適う事になる。
「あの位の自身のホールじゃないか……欲求?」
熟睡から目を覚ますと、自身は過日住んでいたマイホームの子供部屋に立っていた。しかも鏡を見ると娘服装で。
「しょうくーん、はいるよー。もしや本日起きたのかな?」
「あ、彩夏お姉ちゃん!?何故!?」
驚愕の現象が目の前で起きた。かなり、あの彩夏お姉ちゃんがシャッターを開けて入ってきたじゃないか。しかもセーラー服を着ている……
「どうしたの?」
現象が把握出来てきた。どうも心底時間横すべりしたらしき。なら、
「きゃっ!?」
自身は彩夏お姉ちゃんの大きいおっ○いをもみもみ揉みめくる。
「えへへ、なんでも無いよ。お姉ちゃん」
「まさか、どうしたの?今日のしょう君は甘えんぼ君だね」
「わーい、彩夏お姉ちゃんです!」
ククク、ガキの服装ならやりたい放題とれるってもんよ。見てろ。自身が実績を書き変えて吊り上げる……!
書籍作品はダディースペック作品で、時間横すべりした40年齢の親父が、娘服装になってお宝だったお姉ちゃんとエッチしまくって仕舞うというお伝え。
非常にエロい!局面が豊富!最初は家の中で茶目階級にエッチ始める階級から始まるんですけどね。段々としょうたのやり方はエスカレートして赴き、浜辺でエッチなビキニを着せて、
「お姉ちゃんが美しい個性してるから軒並み注目してるね」
なんて言って煽ったり、森の中で犯したり、公園で民衆トイレにして、委任レクリエーション!隔てし、誰に犯されているか思い付か状態にして、犯しまくったり、果ては未来の主人の先で寝取りレクリエーションまで決める!!
最初は娘の茶目階級だと思っていたのに、段々としょうたのキャラクターに気付いて赴き、嫌がって来るお姉ちゃん。でも亭主に長時間犯されて、もう逆らえるはずも無く、グチョグチョになったアソコの中頃を亭主の巨大少年チン○で犯されて、アンアン喘いで仕舞う!
「ひっ!?なるほどなるほど……も、うやめて……しょう氏……おねえちゃん……壊れちゃ……」
なんて、もはや壊れて行く服装がプリティー!
書籍作品は課題総和も比較的に少なく、さくさく読めるのが魅力的ですよね。配列も安いですし。画図も凄く念入り。
書籍作品はハンディアニメ他で賞賛配布中頃。正邪一度!
炭酸クレンジング